韓国人なの?小林麻耶の生い立ちが気になる!家族構成・本名・出身地を徹底調査

何かと話題の絶えない小林麻耶さん。

実は、小林麻耶さんは韓国人!?と噂になっています。

そこで今回は、小林麻耶さんが韓国人なのか、

また、家族構成・本名・出身地を含めて生い立ちを徹底調査していきます!

小林麻耶は韓国人!?

まずはじめに、

小林麻耶さんは韓国人ではないようです。

どこを探しても小林麻耶さんが韓国人という情報はありませんでした。

いったいどこからそのような情報がでたのかわかりません。

ただ、考えられるとすれば、2点。

1点目が、

「基礎絵本セラピストになりました!」

と2020年にブログでつづっていた小林麻耶さん。

「絵本セラピスト」とは、2018年に韓国で発祥した「絵本でいつの間にか世界平和」をうたう文字通り「絵本を使ってセラピーをする人」だという。

引用元・日刊サイゾー

この韓国発祥の資格を取得されたことで、韓国と繋がりがあると思う人がいたのかもしれません。

そして、2点目が

韓国への旅行

2019年のブログでも韓国へ旅行に言ったことをブログで綴っていました。

もしかするとこのあたりが実は韓国との繋がり?もしかして・・・

という疑念にもつながったということも、

考えられるのかもしれませんね。

でも、「小林」という名字の成り立ち、そして、朝鮮や中国では「林」という通名の漢字と名字をよく使うことを考えると、

あながち元を辿ると韓国とつながっているとも思えるのかもしれません。

ともすると、

ひょっとしたら韓国人である可能性も無きにしもあらずですね。

その辺りのルーツは実際のところ、お父様やお母様に聞いてみないとわかりません。

ということで、これから小林麻耶さんの生い立ちを深掘りしていきます。

小林麻耶の生い立ちを徹底調査!

それではこれから小林麻耶さんの生い立ちを深掘りします。

ではまずは小林麻耶さんはどこで生まれ、幼少期を過ごされたのでしょうか?

小林麻耶の出身地は新潟県小千谷市

小林麻耶さんは新潟県小千谷市生まれで、3歳まで小千谷市で暮らしていたようです。

緑の多い自然豊かな街というイメージですよね。

素敵です。

そして、お名前に関してですが、

小林麻耶の本名は変わらず「小林麻耶」

本名も変わらず小林麻耶というお名前のようですよ。

小林麻耶さんのブログを読ませてもらうと、名前の由来についてこのようなブログを見つけました。

女の子なので、きっとお嫁に行くだろうから、
せめて、林だけは、持っていってくれ、

という気持ちから、
麻 という文字が決まったそうです。

麻耶は、お釈迦様のお母様の名前で、
やさしく、あたたかい、人になってほしいという気持ちもこめられているそうです。

引用元・小林麻耶オフィシャルブログ

素敵な由来ですよね。

そして、家族構成です。

小林麻耶の家族構成

小林麻耶さんの家族構成をまとめますね。

・2022年現在、絶縁状態

・2022年現在連絡が途絶えている

・小林麻央さん。2017年懸命な治療虚しくお空へと旅立たれました。

・國光吟さん。2018年7月に結婚。2021年4月に離婚したが、駆け落ち婚するかも?

2022年4月現在このような家族構成になっているようです。

ではこれから小林麻耶さんの幼少期からの生い立ちをまとめていきます。

小林麻耶の生い立ちと学歴

それでは小林麻耶さんの生い立ちと学歴も見ていきましょう。

出身地でも挙げたように3歳までは新潟県小千谷市で過ごされました。

その後、埼玉県に転居されています。

小林麻耶さんの小学時代

7歳  埼玉県越谷市立千間台(せんげんだい)小学校に転校。

クラスのリーダー格の誘いを断った事で、手下の生徒から彫刻刀で「こ◯すぞ」と脅されたというエピソードもありました。

小学校5年生の時、兵庫県へ。

西宮市立鳴尾北(なるおきた)小学校へ転校。

子供の頃は体が弱かったようで、水泳を習っていたようです。

でも、運動が好きだった麻耶さん、ローラースケートやスケートボード、縄跳びなど行ったいたようです。

小林麻耶の中学時代

西宮市立学文(がくぶん)中学校へ進学。

部活は、軟式テニス部と駅伝部に所属して活躍されていたようです。

中学2年の時には、西宮市の弁論大会で金賞ももらっています。

大会のリハーサルでは、自分の学校名と名前だけ言えば良いところ、マイクと照明で気持ちよくなり、本気で弁論し、強制退場させられたみたいです。

中学3年生のとき東京都へ。

世田谷区立桜丘(さくらがおか)中学校に転校。

転校の回数も多く、友達つくりもおそらく大変だったことでしょうね。

小林麻耶の高校時代

國學院(こくがくいん)高等学校に進学。

当時の國學院の女子の制服は「渋谷のゴキブリ」と呼ばれていたとのこと。

好みじゃなかったので、麻耶さんは放課後になるとすぐに着替えていたようです。

高校2年生の頃、英語教師を目指すためにアメリカに留学。

小林麻耶の大学時代

留学から帰国し、青山学院大学文学部に進学。

大学生活を送っている中、

慶應義塾大学の学園祭(三田祭)で声を掛けられ、『恋のから騒ぎ』に出演。

そこで明石家さんまさんに”ブリッコキャラ”を発掘され、一躍人気者に。

そして、アナウンサーの道を歩んでいかれたということになります。

ここからから先はテレビでおなじみのかわいい小林麻耶さんということになりますね。

その後、2018年に夫である國光吟さんとご結婚。

いろんなことがあったようですが、現在夫である國光吟さんと駆け落ち婚ということで、またよりを戻した小林麻耶さんです。

今後も明るい笑顔を多くの人に見せてくれることと思います。

韓国人なの?小林麻耶の生い立ちが気になる!
家族構成・本名・出身地を徹底調査
まとめ

今回は、小林麻耶さんは韓国人?ということでまずは調査しました。

結果、韓国人ではありませんね。

そして、小林麻耶さんの本名、出身地も見てきました。

生い立ちを見ても韓国人と思えるところも有りませんでしたね。

これからもますます笑顔のかわいい小林麻耶さんを応援していきたいと思います。

小林麻耶 プロフィール

名前
小林麻耶
生年月日
1979年7月12日
現在42歳
出身地
新潟県小千谷市

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事